珠菊 【たまぎく】

季節の移ろいに想いを馳せ、

柔らかい色調で情緒的に描いた珠菊の着物たち。

墨で輪郭を描き陰を取り、胡粉で明るさを見るという、

日本の伝統的な絵画手法を生かした作風は、まさに着る絵画。

生地に水を引いて描く「ぬれ描き」と、

墨で輪郭を取り、防染をしないで描く「素描き」の技法を併用した、

京友禅の中でも無線友禅と呼ばれるジャンルです。